EDITORS’ CHOICE

コロラド州は、連邦議会議事堂への襲撃事件への関与を問われているトランプ氏には、立候補資格はないと判断していました
「自分は引っかからない」と思っている人もうっかり闇バイトで犯罪に加担する可能性があることが、求人サイト「バイトル」を運営するディップの調査で見えてきました。
小説『チョコレート工場の秘密』や映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』をテーマにした体験型のイベントのクオリティーの低さに言葉を失い、泣き出す子どもたちが続出しました。
前向きな気持ちで、でもたまにピリッと。「9.5割ポジティブ」をモットーに、2024年3月4日〜10日の全体運・愛情(恋愛)運・仕事運を占います。

VIDEO

PROJECT

ビジネスの最新キーワード「ウェルビーイング」を徹底解説。世界・日本の最新事例や潮流、人的資本経営との関係、なぜ注目されているのか、指標や歴史が全てわかります。
一見すると軍事や植民地と関係がないように見える民間企業であっても、ジェノサイドや植民地化に加担してしまうリスクが高いという。
紛争や迫害から日本に逃れてくる人々を難民として受け入れ、共に働き、共に生きていく日本社会を作るために。日本のビジネスリーダーと企業が、新しい取り組みをスタートしました。
地球温暖化の影響は、日本の雪山にも少しずつ影響を及ぼし始めています。気候変動から「冬を守る」活動をする、スキーヤーやスノーボーダーの団体「POW(Protect Our Winters Japan)」を取材しました。

LIFE

ある晴れた日に近所で梅の花を見かけたことが、今回の制作物のきっかけとなったと話す投稿主さん。インスピレーションを受けて作ったものとは…。
「〇〇のチッケムが公開」「伝説のチッケム」…いったいどんな意味?ファンカム、推しカメラとの違いはある?
バレンタインジャンボ宝くじが2024年2月14日、全国で一斉に発売されました。いつまで買える?当選金額は?
激しい暴力が当たり前だったという家庭で、両親の間の暴力は次第に子どもたちに向けられるようになった

SDGsで世界をリ・デザインする

ハフポスト日本版が考えるSDGsについてまとめました

詳しく読む

SDGSで世界をリ・デザインする

イベントでは、ファミリーマートとJAバンクが提供するアプリの使い方を紹介するとともに、キャッシュレスでのお買い物体験も実施した。
お笑いコンビ「マシンガンズ」の滝沢秀一さんが自身のX(旧Twitter)を更新し、コンビニのレシートの捨て方について注意喚起しました。
商船三井のグループ会社である「商船三井さんふらわあ」が運航する、大洗~苫小牧航路(北海道航路)の新造LNG燃料フェリー2隻の船体デザインが決定した。環境に優しいLNG燃料を使用する他、現在北海道航路に従事する既存船に比べ、CO2の排出量を約35%も抑制できるという。
2月14日はバレンタインデー。もしも「ブラックサンダー」をもらったら、パッケージ裏面を見てみてください。
ロヒンギャ難民や無国籍問題について、子どもたちにも知ってほしい。そんな思いで、日本で暮らすロヒンギャの女性が、料理教室で「ふるさとの味」を伝えました。
生活者の約8割が「カーボンニュートラルに対応した商品を購入したい」という意向を持ちながらも、実際には商品購入に至っていないという実態が。そこで、生活者を巻き込んで、身近な生活の中で脱炭素行動を実現するために立ち上がった共創型コンソーシアムの参画企業に話を聞いてみる。
PRESENTED BY 日本総合研究所
まるで絵本のような魅惑的な写真。写真家は「希望になってほしい」と伝えています
アンミカさんは、今は着れなくなった当時の服を「あるもの」にアレンジするようです。