広告を考える

これからの経済

広告はこのまま続くのか ー Kazuko Kotaki