chikyuondanka

2013年11月23日まで続いた第19回国連気候変動枠組み条約締約国会議と同様、過去20年にわたる国際的な気候変動の交渉は、基本的に何一つ成果をあげてきませんでした。しかしそこで日本は勇敢にも、非現実的な目標を捨てて、グリーン技術の研究開発に専念すると発表しましたが、これはもっと賢い気候政策に向けたブレークスルーの始まりになるかもしれません。
水を安定的に、そして十分に供給することはこれからますます難しくなる。それは人口増に伴う地球温暖化の影響による。新しいデータによると、世界の37カ国がすでに「極めて高いレベルの水ストレス」状態に直面している。
地学関連の学術誌「Hydrology and Earth System Sciences(水文学および地球システム科学)」に発表された新しい報告書によると、スキーリゾート関係者の懸念が現実のものとなりそうだ。
今回のCOP19の成果については、失望の念を隠しきれません。話し合いは停滞し、つい会合の2週間前にフィリピンで大惨事があり多くの尊い命を失ったにも関わらず、環境問題が緊急の課題であるという認識が参加国の間で薄れてきており、会合を重ねるたびにその雰囲気が通常化してきている感がいなめません。
史上最大の台風が襲来して6日が経ったフィリピンでは、多数の被害者の救援が行われているが、被害額は数十億ドルにのぼる可能性がある。しかし、その被害金額をすべてフィリピンが負うことが公正なのかについて、われわれは考えるべきだろう。
小泉純一郎元首相は11月12日に日本記者クラブで会見し、約300人の記者団の前で初めてマスコミ向けに「原発ゼロ」を訴えたとの事である。記事を読む限り小泉元首相の主張に目新しいものは何もなく、既に手垢の付いた内容で全く興味を惹かれなかった。
11月11日からポーランドの首都ワルシャワで開幕した国連気候変動枠組み条約第19回締約国会議(COP19)で、フィリピン政府代表団のイェブ・サノ氏が演説を行った。彼は涙ながらに途切れがちに演説を行った。サノ氏の兄はこの2日間、素手で数百もの遺体を埋葬したという。インフラが壊滅した村や街は深刻な飢餓と水不足で悩まされている。
温室効果ガス削減など、気候変動への国際的枠組み作りを協議する国連気候変動枠組条約第19回締結国会議(COP19)が11月11日から22日まで、ポーランドの首都ワルシャワで開幕する。日本政府は新たに温室効果ガス削減目標として「05年比3・8%減」とする方針を固めている。
ハフィントンポスト各国版10月25日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。アメリカ国家安全保障局(NSA)が世界35カ国のリーダー35人の通話を傍受していたことが明らかになった件について、ヨーロッパ諸国をはじめとする世界各国から批難が集中しています。ハフィントンポストの各国版でもフランス、ドイツ、イギリス、スペイン、イタリア、アメリカの6カ国がトップ記事として扱っています。
今後、十年間、地政学的な側面において起こりうる変化や国際貿易体制において現れうる不安定性を考慮する場合、現行の金融システムを改善する必要がある。これは新たな金融システムが必要だと言う意味でもある。今後、登場するであろう金融システムの核心は環境と金融との調和だ。