danseiikukyu

2022年10月から始まった「産後パパ育休」制度。何が変わるの? どのくらい休めるの? 男性の育休について、誤解されがちな7つのポイントを解説します。
2022年10月1日から「産後パパ育休」の制度がスタートし、「男性版産休」の取得や育休の分割取得もできるように━━。理想と現実のギャップを埋めるためにはどんな工夫やサポートが必要でしょうか。
いよいよ男性育休の改正法施行。社員が幸福感をもって育休を取るにはどうしたらいいか、企業と専門家が集まって一緒に考えました。
PRESENTED BY 積水ハウス
放送業界では番組の進行を担う男性アナウンサーが育休を取得するケースが出てきている。取得期間の現状は放送局や個人によって様々です。
僕は会社員ではなくフリーランスのライターだ。育休給付があるわけでもなく、入院費やミルク、オムツ代など出費もかさむ。それでも8歳になる娘と生まれたばかりの息子、妻のケアに集中しようと思ったのには、第1子を迎えたときのある経験があったからだ。
【タエが行く!第6回ボルボ・カー・ジャパン株式会社編】育休先進国スウェーデンの自動車メーカー「ボルボ・カーズ」が全世界で導入した有給の育児休業制度。日本法人のマーティン・パーソン社長に聞きました。
2022年4月からは、男女ともに育休取得をめぐるルールが大きく変わることになります。
改正育児・介護休業法が6月3日に衆議院本会議で可決され、成立した。新しい法律では、取得の障壁となっていた職場の雰囲気を変えることで、育休取得を促進していくことを目指している。
育休の従業員への周知や意向確認を義務化。大企業には2023年から取得率公表も義務付けへ