kotsujiko

最近、車間距離を認識して速度を調整したり、前方の障害物を検知して警告を発する機能など、安全のための新しい技術が広がっています。その一つに、走行中の車が車線をはみ出しそうになると警告してくれる「車線逸脱警告」があります。
PRESENTED BY FUJITSU JOURNAL
その朝も愛犬の散歩をさせようと玄関先に出て、抱いていた犬をひょいと地面に降ろした。なぜその時に限って、降ろしてからリードをつけようと思ったのか。まだ散歩に完全には慣れていない3ヶ月の子犬である。
“未来の自動車”という言葉を聞いた時、まっさきに思い浮かぶのが自動運転ではないだろうか。まさか21世紀に入ってから十余年たって、いまだに自らの手でクルマを運転しているなんて、SF映画に親しんでいた子どもの頃の自分が知ったらきっとショックを受けるに違いない。
Presented by VISION2020
「自動車vs.自転車」。これから先、ますます深まっていくであろうこの二者の関係をどう捉えていくべきかを考えるべく開催された鼎談の第2回目。疋田智(自転車ツーキニスト)、眞鍋かをり(女優)、そしてハフィントンポスト編集長の松浦茂樹により、啓蒙の重要性が語られていく。
Presented by VISION2020
ここ数年、全交通事故の約2割に自転車が絡んでおり、また、自転車事故者の約6割が、何らかの法令違反を犯しているという報告がある。「自動車vs.自転車」。これから先、ますます深まっていくであろうこの二者の関係をどう捉えていくべきかを考えるべく、ヘビーな自転車ユーザー代表として疋田智(自転車ツーキニスト)、ライトな自転車ユーザー代表として眞鍋かをり(女優)、そしてドライバー代表としてハフィントンポスト編集長の松浦茂樹による鼎談が開かれた。
Presented by VISION2020
登下校中の児童の列に自動車が突っ込み、幼い命が奪われるという事故が後を絶たない。失われた命はかえってこないが、その遺族には損害賠償金が保険などによって支払われることになる。
ホンダは9月25日、事故が多発するポイントがひと目でわかるPC/スマホ用の地図サービス「SAFETY MAP」の提供を開始した。利用料は無料。