kotsujiko

被告と検察の双方が控訴せず、禁錮5年の判決が確定した。
妻・真菜さんと長女・莉子ちゃんを失った松永拓也さんがブログを公開。心からの感謝と交通事故防止への思いをつづりました。
木下都議が運転していた車と50代の男性が運転する車がぶつかり、男性と同乗していた妻がけがを負った。
埼玉県警熊谷署は、中学生2人に人命救助功労の感謝状を贈りました。
亡くなった松永さん遺族も審理に参加。公判後、報道陣に対して飯塚幸三被告について語った。
伊藤さんの所属事務所は「事故を起こしたというのは事実です。ただ、事故現場からは立ち去っていない。間違った報道が出ていると弁護士の方から聞いている」と説明している。
裁判では、飯塚元院長が(1)事故を予測することができたか(2)事故を回避することができたか―の観点から、有罪か無罪かが判断されます。
これまでの一時金方式では、半分以上が利息分として差し引かれるケースもあり、被害者側には「実際の受取額が少なすぎる」との不満があった。
ビラに添えたのは瞬間冷却剤。「カッとなっても頭を冷やして」と思いを込めた。
工場前は交通量が多い。西川さんのファンである大西社長の娘が「西川さんの飛び出し坊やを作ろう」と発案した。