orinpikku

MIKIKOさんが開閉会式の演出をめぐる報道を受け、声明を発表。出演予定だった渡辺直美さんは以前、「みんなに見てもらいたかったし、私も頑張ってやりたかった」と語っていました。
渡辺さんの「渡辺直美(という個人)を見て」というメッセージは、長年、見た目いじりに心を痛めながらも「仕方ないよね」と諦めてしまっていた自分を慰めてくれました。そして…
週刊文春は、振付師のMIKIKOさんが「演出チームから排除された」とも伝えている。組織委はどう答えたのか。
「新会長を選ばざるを得なくなった一連の経緯は、さらに国民の皆様、都民の皆様の気持ちを困惑させるものだった」。橋本聖子氏が冒頭挨拶で話したこととは?
森喜朗氏の発言への抗議署名の発起人らが、組織委を訪問。約15万7000筆の署名を直接手渡しました。
「このことを森さん個人の問題として捉えて、『森さんは時代遅れの人だったね』で終わらせてしまっても意味はない。個人というより『社会の問題』として捉えたい」。多くの賛同が集まった署名の発起人はそう話します。
森会長の発言と、今後の「男女共同参画に関する組織委員会の取り組み」について話し合うという。
「東京2020組織委員会も森会長のコメントは不適切だと認識していて、ジェンダー平等へのコミットメントを再確認している」
「小池都知事と橋本五輪担当大臣に権限と責任があります」これは誤りだ。
問題の発言があった際、評議員から「笑い声」が上がったという。森会長個人の意識だけではなく、性差別が「見過ごされる」ような組織にも問題がある。