tenisu

往年のテニスプレイヤー、マルチナ・ナブラチロワさんが、全米オープンの会場でガールフレンドに公開プロポーズした。
テニスの4大大会「全米オープン」男子シングルス準決勝で錦織圭が世界ランキング1位のジョコビッチを下して決勝進出を決めた。
テニスの4大大会のひとつ、全米オープンで、日本人として96年ぶりにベスト4に入った、錦織圭(にしこり・けい)。快挙を成し遂げた青年は、どんな人物なのか。
9月4日、テニスの全米オープン男子シングルスの準々決勝が行われ、錦織圭選手が全豪オープン覇者のスタニスラス・ワウリンカ(スイス)に競り勝ち、日本勢で96年ぶりとなるベスト4選出を果たした。
イギリスで行われているテニスの4大大会、ウインブルドン選手権で7月6日、男子シングルスの決勝が行われ、セルビアのノバク・ジョコビッチがスイスのロジャー・フェデラーを破って、3年ぶり2度目の優勝となった。
テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは8日、パリのローランギャロスで男子シングルス決勝を行い、世界ランク1位で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)が史上初の5連覇、通算9回目の優勝を成し遂げた。
テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは7日、パリのローランギャロスで女子シングルス決勝を行い、第7シードのマリア・シャラポワ(ロシア)が第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)を6─4、6─7、6─4で下し、同大会2回目の優勝を果たした。
5月12日発表された男子テニスの世界ランキングで、錦織圭(日清食品)が12位から9位に浮上し、日本男子初のトップ10入りを果たした。
テニスのマドリード・オープンは5月11日、マドリードで行われ、男子シングルス決勝で錦織圭選手が世界ランキング1位のラファエル・ナダル選手と対戦したが、試合途中に腰の痛みを訴えて棄権し、準優勝に終わった。
テニスのマドリード・オープンは10日、マドリードで男子シングルス準決勝を行い、第10シードの錦織圭は第5シードのダビド・フェレール(スペイン)を7─6、5─7、6─3で下し、決勝に進出した。