tokyodizunirando

一体なぜ?ファンであり、リピーターである年間パスポートを持つ人の「本音」とは。
続々と世界で運営が再開されるディズニーのテーマパークだが、依然として新型コロナの感染拡大に翻弄されている。
7月1日の運営再開から約2週間。首都圏を中心に感染数が再び増える中、西村康稔経済再生担当大臣が首都圏での休業要請の検討を示唆したが...運営側の対応は?
6300円→23000円での転売の例も出ている、7月1日から再開された東京ディズニーランド・シーのチケット。来園希望者からは「一生懸命公式サイトから購入しようとしている人がいる中、転売しないでほしい」との声も。
来園者は心踊らせ、キャストと呼ばれる従業員も思わず涙を見せる姿もあったという。気になる人気アトラクションの待ち時間は?
アメリカのテーマパークでは、題材が映画『プリンセスと魔法のキス』に変更されることになったスプラッシュ・マウンテン。一体なぜ、変更に至ったのかについても経緯を振り返る。
東京ディズニーランド&シーでは、混雑緩和策として「時間差入園チケット」を導入。早速、7/1の再開日のチケットを求める人が販売開始時刻と同時に殺到した。
混雑による人の密集を避けるため、「午前8時入園」「午前11時入園」などと時間と価格に差を付けたチケットを導入する。
マスク着用に検温、そして時間差入園チケットの導入...。運営再開を待ち望んでいた人は多いが、“アフターコロナ”の新たな楽しみ方が当面は求められそうだ。
入園時に来場者の検温を実施し、37.5℃以上の発熱や風邪症状等の不調がある場合は入園不可とすることも明らかに。
アクセスが集中し、開始からわずか1時間で販売上限に達したという。
5月26日から臨時休園期間中に限り、公式アプリ上で購入が可能になる。
『美女と野獣』などの新エリア、やはりパークの運営再開後にすぐには行けそうにない。
日本、アメリカ、ヨーロッパ...。“夢の国”で働く人たちの現状を比較した。
運営再開は4月20日以降を予定しているが、具体的な日程は決まっていない。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で臨時休園中のテーマパーク。動画配信に込められた思い。
臨時休園の期間を延長した影響でそのまま公演期間の終了を迎えるため、本来は観られないはずだったプログラムが対象だ。
交換の場合は差額や手数料はない。年間パスポートについても、有効期限が延長されるという。
4月15日に予定していた東京ディズニーランドの新エリア『ニューファンタジーランド』のオープンは、5月中旬以降に延期することもあわせて発表した。