tsunami

「一読して、誰の手記からどう取ったかかすぐにわかった。被災者の言葉に対する敬意を欠いている」
「忘れない」ということ以外に、できることは多くない。
東日本大震災と同規模。400年前には高さ24mの津波が襲った可能性
バクテリアで津波を小さくする――。南海トラフ地震の脅威に直面する高知県の研究所が、夢のような研究に取り組んでいる。
「私の力ではなく全て娘が連れてきてくれたのだと、最近は特に強く感じています」(木村紀夫)
「必ず避難のバスは来ます」と伝えないと、パニックになり、けが人などが出たら大変だと考えました。
いざというときに、どちらを目指したらよいのか、どういう災害の時には、どこを目指すのか、しっかりと確認しておいてください。
洪水や土砂災害の恐れがある地域に立地する高齢者施設などに、避難計画の作成・避難訓練の実施を義務付けることを柱とした改正水防法などが成立した。
死者・行方不明者1万8000人余。こうして数字で書くのも憚られるほど、一人ひとりが誰かの「大切な人」だった。
「助け合い・支え合い」の実践を通じて結ばれた「絆」の尊さを再認識し、いま一度、被災地に寄り添い続ける思いを行動で示していきたい。
東日本大震災から6年が経った2017年3月11日、気仙沼の街を歩いた。
ハフィントンポスト日本版では3月11日、宮城県の気仙沼から太平洋の様子を公式Facebookページで生中継します。
震災を記録した手記として寄せられた文章に、様々な記憶が綴られている。
「この高さを知っているだけで、とれる行動は変わる。あの日を忘れない。それが、一番の防災」
自動運転に関する文献も増える中、完全自動運転が普及した社会が見えてくる。想像を膨らませ、完全自動運転が当たり前になった社会を、まちづくりの視点から考えてみたい。