特集

「私はそのとき『ここから出る方法はない。終わった、私は死んだ』と思いました。12歳と15歳の息子のことだけ気がかりでした」
「中国でもっとも美しい書店」と称される書店チェーン「鍾書閣」をご存じだろうか。