habuyuitsuru

1994年度生まれのアスリート。各競技でめざましい活躍を見せています。
東京五輪開会式の「最終聖火ランナー(最終点火者)」の予想が白熱。候補に挙がっている人は?サプライズはあるのでしょうか。
2022年冬季北京オリンピックの出場枠がかかっている世界選手権。SP6位の宇野昌磨選手、SP2位の鍵山優真選手、SP1位の羽生結弦選手の活躍が期待される。
「プーさんが相棒としてコーチ不在をちゃんと埋めてくれた」などとSNS上で話題になっています。
ショートプログラムで2位だった羽生選手は、フリーでの逆転を狙います
日本からは、女子が紀平梨花と本田真凜、男子は羽生結弦と田中刑事の計4選手が出場しています。
オータムクラシックの表彰式での一幕。「本当のスポーツマンシップだ」といった声が広がりました。
羽生選手は、モニュメントに目をやりながら「荒川さんの隣に自分が2人並ぶのはとても恐縮で...」と笑みをこぼした。
「商品がまだ届いてさえいないのに、『販売します』となっているのは残念な結果です」
4月20日のデザイン発表式に羽生選手本人が登場予定。全世界にインターネットで配信も行う見込み。
楽曲から衣装まで…羽生選手の今シーズンは、幼い頃の憧れだったプルシェンコ氏とウィアー氏へのオマージュが込められていました。
「ここにいる2人と戦えたこと、さらに強くなりたいと思えたことに感謝している。リスペクトして止まない2人に近づけるようなスケーターになりたい」とライバルたちを讃えた。