kekkonnojiyuwosubetenohitoni

原告は「論理的に破綻しているだけでなく、差別を容認している」と訴えています(同性婚訴訟・東京1次9回)
差別をなくすためにも結婚の平等が必要――。「トランスジェンダーを含む法律上同性のカップルが結婚できないのは違憲という判断を示して欲しい」と訴えました
カミングアウトに「そのままで全然問題ないよ」と言ってくれると信じて疑わなかった。だけど返ってきたのは、思いもよらない言葉だった
パートナーを、娘を守るために重ね続けた「嘘」。結婚できないことが性的マイノリティのカップルを苦しめている
世界で一番最初に結婚の平等を実現したオランダ。歴史的な結婚式の日から今日で20年です
日本で初めて「同性間の結婚を認めないのは憲法に違反する」と判断された裁判は、控訴審に闘いの舞台を移します
性的指向だけではなく、性自認に基づく差別も憲法違反だ。大きな注目を集める訴訟に、新たな原告が加わりました
違憲判決で注目の集まる「結婚の自由をすべての人に」訴訟。第3回院内集会が開かれました
「多数派が認めないという理由で、少数派の人権が認められないことがあってはならない」という視点もはっきり示された
「同性同士の結婚を認めないのは憲法違反」という司法判断が、日本で初めて下されました