Twitter

日本やアジアを中心に、世界で進撃を続ける「LINE」に、海外メディアの関心は高い。ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、いまのところ米国のスマートフォンユーザーの間ではあまり話題に挙がっていない、としながらも、類似アプリ「WhatsApp」を脅かす存在であり、さらにはFacebookやTwitterの潜在的な脅威になりえる、と報じた。
ツイッター社が25日(米国時間)、緊急時のコミュニケーションを目的とした、公的機関からのツイートを、アラートのマークを付けてスマートフォンでプッシュ通知する「Twitterアラート」機能を追加したと発表しました。
日本列島にブームを巻き起こしているNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」が9月28日、ついに最終回を迎える。当日は各地で最終回を一緒に盛り上がるイベントが企画されている一方、毎日ドラマを楽しみにしてきたファンの間では、放送が終了してしまう喪失感による「あまロス症候群」も懸念されている。「あまちゃん」とは何だったのかを振り返りながら、やがて私たちに必ず訪れるであろう「あまロス」にどう備えるべきなのかを模索する。
災害など緊急時に、信頼できる発信元の情報をスマホに届ける機能がTwitterに追加された
9月12日に株式公開(上場)を申請したTwitter。なぜ今のタイミングでの上場なのか。このIPOで、数十億ドルの資金調達になるとの報道もある。海外の報道を比較した。
今日(米国時間9/12)、Twitterは証券取引委員会(SEC)にS-1書式(上場申請書)を提出したことを確認した。つまり公式に上場手続きが開始されたわけだ。
米国特殊作戦軍は昨年、「クオンタム・リープ(大いなる飛躍)」とよばれる、ツイッター上の情報と他の情報とを組み合わせ、個人を特定しようという実験を行ったという。しかし、ツイッター社はこの事実を知らされていなかった…
このエアリプライ、かなりの頻度で見かけるのに、その功罪、リスクとベネフィットについてネット上でまとまった文章を見たことがない。そこで、エアリプライの危険性と対策について書き綴ってみることにした。
Twitterは、個人に対して罵倒する行為を禁止する規約を追加しました。
Twitter が新たな仕組みのターゲット広告を試験的に導入します。まずは米国向けの実験として発表されたのは、広告主となる外部サイトの Cookie や、外部サービスが取得したメールアドレスを使って広告対象のTwitterユーザーを絞り込む方式…
Twitter の コストロ CEO が、テレビやイベントで盛り上がるタイムラインを後から追いかけ体験できる「レコーダーモード」(DVR mode)をテスト中であることを明らかにしました。
ロサンゼルス発――それは、ロナルド・レーガンUCLA医療センターがこれまでに数百回(正確には499回)実施してきた、単純な脳外科手術だった。しかし、5月23日(米国時間)に行われたこの脳外科手術は、同病院で500回目になる脳深部刺激療法(Deep Brain Stimulation:DBS)手術を記念して、動画投稿アプリ「Vine」を利用して、世界で初めて動画でライブ中継された。
インターネット選挙を使った選挙活動が解禁となる7月の参院選に向け、ツイッター社は21日、各政党の公式アカウントがすべて認証されたと発表した...
全米からTwitterに投稿されるヘイトスピーチ(差別的表現)の出所をピンポイントでつきとめ、表示する新しいマップが公開された。これによると、こういった投稿を行うツイッター利用者の多くは米国の東半分地域に住んでいるようだ。
ネット選挙というテーマについて興味深いのは昨年のアメリカ大統領選。投票日だけで3100万ツイートが行われた( ツイッター日本法人・近藤氏)…
ハフポスト、いよいよ日本上陸――。「ザ・ハフィントン・ポスト日本版」のオープンを記念するイベントが7日、東京都内で開かれる。「ザ・ハフィントン・ポスト」の創始者アリアナ・ハフィントン氏や日本版編集長の松浦茂樹氏らが、ハフポスト日本版のねらいや特徴、アジアで初めて開設する意義などについて意気込みを述べます。