kosupure

ふんふん、トランスフォーマーのコスプレね〜と思ってみてたら、トランスフォーム!そして……
最近、東京の街頭に旧日本軍のコスプレをした若者たちが登場し、メディアで話題になっています。経済や政治の歴史の観点からすれば、低成長が常態化し、格差が固定化する様相を呈している今日の状況で、ナチズムのような考え方が復活しつつあるのは驚くに値しません。そこで簡単にナチズムの台頭した背景と、当時の経済や政治の状況を振り返ってみることにします。
3/29日にJR阿佐ヶ谷駅と高円寺駅の間の高架下に「阿佐ヶ谷アニメストリート」がオープンしました。これはJR東日本の用地である線路の高架下の開発プロジェクトで、阿佐ヶ谷のある杉並区にはアニメのスタジオが多いという特色を活かした開発プロジェクト。
世界最大級のアニメの祭典「AnimeJapan 2014(アニメジャパン2014)」が3月22日、東京都江東区の東京ビッグサイトで開幕した。アニメ制作会社や出版社など142団体が出展。大勢のアニメファンで会場は大盛況。声優のステージショーやコスプレコーナーが人気を呼んでいた。
ニコ生「クールジャパンを斬る!!」それでもクールか!?「アウトバウンド」の巻その3。やまもといちろうさん、竹内宏彰さん、青木美沙子さん。
ニコ生「クールジャパンを斬る!!」それでもクールか!?「アウトバウンド」の巻その2。やまもといちろうさん、竹内宏彰さん、青木美沙子さん。
ニコ生「クールジャパンを斬る!!」それでもクールか!? 二回目の放送「アウトバウンド」の巻です。慶應義塾大学メディアデザイン研究科(KMD)のポリシープロジェクト、略して「ポリプロ」がお届けするニコ生、学生が運営しています。今回は手作りの会場、私が所属する融合研究所のオフィスです。
12月31日、世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット85」が3日目の最終日を迎えた。東京ビッグサイトの屋外は、お気に入りのアニメやゲームのキャラクターに扮したコスプレイヤーで、ごった返していた。
12月30日、世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット85」が2日目を迎えた。この日の東京は朝方には気温が0.6度まで下がったものの、日中の最高気温は10.5度。前日に比べると、やや過ごしやすい陽気になった。東京ビッグサイトの屋外は、お気に入りのアニメやゲームのキャラクターに扮したコスプレイヤーで、ごった返していた。
12月29日、きつい冷え込みの中、世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット85」が開催した。この日の東京の最低気温は0.5度。この冬一番の冷え込みとなる中、東京ビッグサイトはお気に入りのアニメやゲームのキャラクターに扮したコスプレイヤーの熱気でいっぱいに。
一概に日本のコンテンツ産業は衰退していると思ってしまうと、とても未来は無いように見えてしまう。そこから一番日本の技術というか、そこまでこだわるかっていうものがあるから世界中でウケているんで、そのこだわりをもってすれば、マネタイズの仕方はあるんじゃないかと思います。(ホリプロ堀義貴社長)
クールジャパンという言葉が生まれて10年。政府、内閣官房に知財本部が置かれて、これも10年になるんですね。政府はそのコンテンツの政策を推進してコンテンツ立国の旗を掲げています。しかし、国内のビジネスに目を転じると非常に苦しい状況にあります。
もはや何でもありのコスプレパーティーに近い様相を呈しつつある日本のハロウィンですが、一体どうして、こんなことになっているのでしょうか。実は生活総研では、「ハロウィンを祝った」人が毎年どのくらいいたか、20年前から地道にデータを取り続けています。
New York Comic con(ニューヨーク・コミコン)は、コミックやゲーム、映画などのポップカルチャー・イベント。ことしは10月10〜13日、ニューヨークのジャビッツセンターで行われた。
個人が行う場合であれば、斯様に「自己満足」なので、自分が納得できる水準に達しているかどうかだけが判断基準かと思います。ただ、商売として、コスプレを売りにした場合、似ていないことはどうかという問題は確かにあるかとも考えます。