hero image
redtea via Getty Images

掲載しているのは直近の出稿の一部となっております。これ以前のものなどに関しましては、お問い合わせください。

知ってほしい。自らの価値観に後ろめたさを感じながら、恋をしている人がいること。そんな人たちに寄り添い、恋愛においても多様性を実現しようとしている企業があること。
PRESENTED BY マッチングトゥデイ
ペイパルが、プログラミングやコーディングの知識ゼロでも導入でき、誰もが売り手になれる「ノーコード決済」をリリースした。その内容とは…?
PRESENTED BY PayPal
まちづくりの課題を解決する「マチスポ」とは? ICTを活用したNTT西日本グループ初の試みに注目。
PRESENTED BY NTT西日本
「気候変動とスポーツ」について、環境省・楠本浩史さんとJリーグ執行役員・辻井隆行さん、Jリーグ特任理事・中村憲剛さんに話を聞きました。
PRESENTED BY 環境省
約7割の人が生理用品などの使用において、サステナビリティを意識したいが、まだできていない。利便性と持続可能性を両立するには? ユニ・チャームを取材した。
PRESENTED BY ユニ・チャーム
東京駅にある「Glico ALMOND DAYS」の、限定のアーモンドドリンクが注目を集めている。アーモンド、プラントベース、厳選素材、手作り仕上げ、さまざまなこだわりが詰まった専門店が、新しいアーモンド食文化の発信拠点となっている。
PRESENTED BY 江崎グリコ株式会社
脱炭素社会の実現に向けた取り組みを推進するにあたって重要な指標となる「カーボンフットプリント」。算定する企業が増加している一方、一企業内の各部門を横断し社員のベクトルを合わせ、脱炭素に向けて一体感を生み出すためには課題も残る。企業の脱炭素の取り組みについてメーカー企業、エネルギー供給企業、気候変動対策に取り組むスタートアップはどのような課題を感じているのか。
PRESENTED BY 日本総合研究所
60%の新社会人が「不調は我慢すべき」と回答。先輩社会人との意外なギャップが調査で明らかに。
PRESENTED BY 株式会社ツムラ #OneMoreChoice プロジェクト
NECが必要に駆られて実践することになったインクルージョン&ダイバーシティ。好循環が回るようになった経緯を堀川CHROが振り返る。
PRESENTED BY NEC
“2050年の東京” を体験できる国際イベントSusHi Tech Tokyo 2024が4月末より各エリアで順次開催。その目玉の一つ、ショーケースプログラムの実行委員長を務める辻愛沙子さんと、「未来」への向き合い方を語り合う
PRESENTED BY SusHi Tech Tokyo 2024 ショーケースプログラム実行委員会
今、「はたらく人ファースト」な経営が注目される背景とは。「はたらきがい」のある企業とはどんな組織なのか。「はたらく人ファーストアワード」でGoldを受賞した3社と審査員が座談会で語りました。
PRESENTED BY ミイダス
熱狂が生まれ、人が繋がり、夢が生まれる。エンターテインメントの聖地として、あらゆる可能性が生まれる東京ドーム。小浪次郎氏が撮り下ろした新ビジュアルが公開された。
PRESENTED BY STARBASE
日本の経済成長に伴走してきた三井化学と、目指すべき社会の姿を考える
PRESENTED BY 三井化学
「福島、その先の環境へ。」シンポジウム2024が開催された。福島を一歩先へ進めるために、私たちは何ができるのか? イベントの様子を取材した。
PRESENTED BY 環境省
寝具の選び方、買い替え時は?日本人の睡眠時間は世界ワースト1位。「睡眠の日」(3月18日)に、睡眠環境を見直してみませんか?
PRESENTED BY テンピュール・シーリー・ジャパン
生活者に脱炭素をより自分ゴトに感じ、実践してもらう環境づくりを推進するための協創型実証実験「みんなで減CO2(ゲンコツ)プロジェクト」が実施された。舞台となった小売店にはどのような仕掛けが展開され、そして売り場に商品を展開するメーカー企業はこのプロジェクトにどのような思いで臨んでいるのだろうか。
PRESENTED BY 日本総合研究所
ウェルビーイングとは? 今、注目される理由とは? 1400組を超える申し込みのあった人気フォーラムをレポート。
PRESENTED BY ベネッセホールディングス
生活者の約8割が「カーボンニュートラルに対応した商品を購入したい」という意向を持ちながらも、実際には商品購入に至っていないという実態が。そこで、生活者を巻き込んで、身近な生活の中で脱炭素行動を実現するために立ち上がった共創型コンソーシアムの参画企業に話を聞いてみる。
PRESENTED BY 日本総合研究所
変化のスピードが速い、デジタル広告やeコマースの世界。日本、そして世界のアフィリエイトマーケティングの“現在”とは。収益源の多様化が重要な中で、オンラインメディアが生き残るための方法は。日本市場に正式参入するSkimlinksに聞きました。
PRESENTED BY Skimlinks
変化が加速する時代に、持続可能な未来を作るには? 投資の観点から、トム・ライリーさんと泉谷ハフポスト編集長が対談しました。
PRESENTED BY アクサ・インベストメント・マネージャーズ
木村沙織さんらが登壇。AIカメラの自動配信が、スポーツや地域の未来を変えていく。
PRESENTED BY NTT西日本+朝日放送HD
前職ではシステム導入のコンサルタントとしてチームリードをしていた渡辺さん。この経験を活かしながら「人の役に立てる仕事」をしようとキャリアチェンジを果たした。障がい者サポートの仕事とは?
PRESENTED BY Accenture
釣りマナー向上大使に就任したダイアン。世間に伝えたい、釣りの魅力とマナーとは?
PRESENTED BY 日本釣用品工業会
社会起業家・インパクト投資家らが集まる世界最大級の国際カンファレンス「SOCAP23」がアメリカ・サンフランシスコで開催。日本からはおよそ20のインパクトスタートアップ企業が参加した。
PRESENTED BY J-StarX
AGA治療は、どこのクリニックで受けても同じって本当?
PRESENTED BY 銀座総合美容クリニック
美容医療と「美の多様性」の現在は?アラガン・エステティックスのプレジデント、スザナ・ムルテイラさんに聞いた。
PRESENTED BY アッヴィ合同会社 アラガン・エステティックス
レゾナックの「人的資本経営」の根幹となる「共創型人材」に必要な5つのスキルとは? 研修や評価の実践例を通じて、働き方のこれからを話し合った。
PRESENTED BY レゾナック・ホールディングス
「女子サッカーを職業に!」をテーマに実施された、女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」のワークショップについてお伝えします。
PRESENTED BY WEリーグ
日本の人事は大きく変わっていく。先の見えない時代、「成長のカギは人の育成」だとレゾナックは言い切る。
PRESENTED BY レゾナック・ホールディングス
女性の生理現象をめぐる課題について、ロリエ担当者への取材をもとに考えてみました。
PRESENTED BY 花王
SHIBUYA QWSとハフポスト日本版により共同開催されたトークイベント『問いが作る未来』を取材した。
PRESENTED BY SHIBUYA QWS
シミックグループの大石圭子COOが考えるリーダーとは? 医薬品開発ならびに製造支援、ヘルスケア分野での躍進がめざましい同社の取り組みからひもとく
PRESENTED BY シミックグループ
暑くて長い夏を経験した私たちが知るべき、2つのプロジェクト
PRESENTED BY 公益財団法人笹川平和財団
『福島、その先の環境へ。』ツアー2023が開催。福島の復興と環境再生をめぐる課題について、若者たちが考えることとは。
PRESENTED BY 環境省
社会とビジネスの持続可能性を高める企業のあり方とは? 花王ESG戦略部長・大谷純子さんに話を聞いた。
PRESENTED BY 花王
EVオーナーになって約3ヶ月。「本当にEVに乗り換えることがいいの?」とジレンマを抱えていたeriさんが実感した、大きな変化とは?
PRESENTED BY 日産自動車
『問いが作る未来』とは? SHIBUYA QWS エグゼクティブディレクター・野村 幸雄さんとハフポスト日本版 編集長・泉谷 由梨子による対談を実施します
PRESENTED BY SHIBUYA QWS
海の日に、都内2カ所の公園で開催された釣りマナー啓発イベント。そこで「未来から来た釣り人」が配った“ギョミ”袋とは?
PRESENTED BY 日本釣用品工業会
50年前から、庄内の生産者らと組合員が交流してきた「生活クラブ」。移住や地域交流の新拠点をオープンし、ローカルSDGsの全国発信を目指す。
PRESENTED BY 生活クラブ